北区.北赤羽.プログラミング.マインクラフト.ゲーム制作.オンライン

代表 渡辺剛之の自己紹介をさせてもらいます。

名前:渡辺剛之(たけし)
性格:宇宙人(何を考えているか分からないといわれます(笑)
趣味と特技:フットサル・スキューダイビング
好きな食べ物:ストロベリーパフェ
得意なこと:人前で話すこと。子どもと仲良くなること
苦手なもの:虫
口癖:いいねー
好きなアーティスト:BEGIN
好きな本・漫画:書斎の鍵・ワンピース・キングダム
ストレス解消法:スーパー銭湯
人から言われて嬉しい言葉:ありがとう
小さい頃はどんな子ども:悪ガキでした
新しく挑戦したいことは:2025年に学校を作りたい
小中学生にアドバイス:1度きりの人生!どう生きるかは自分次第

よろしくお願いします。

プログラミング入試が行われている私立中学4校をお伝えしていきます。

●駒込中学校
駒込中学校ではSTEM入試が2019年入試よりスタートしました。STEMとは、科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、数学(Mathematics)の各分野を「相互横断的」に学び、学んだことを「実際の生活に応用」することを目的とした21世紀型の新しい教育です。

STEM入試では、従来の入試では測りきれない受験生の力を問います。その力とは、アルゴリズムを考える力、身の回りにある課題を発見する力、組織や人々と協働しながら解決する力、そして発信する力です。

駒込のSTEM入試は、アルゴリズムと四則計算が中心の「STEMⅠ」と、プログラミング が中心の「STEMⅡ」の二つの試験が行われます。STEMⅠの試験時間は50分、STEMⅡの試験時間は1時間50分で、途中STEMⅠとSTEMⅡの間に10分間の休憩を挟みます。

駒込中学
https://www.komagome.ed.jp/

●聖徳学園中学校
聖徳学園中学校には「Minecraft:入試」があります。マイクロソフト社のMinecraft:を活用した、集中思考・創造性を重視した入試です。デザイン思考を取り入れた創造性を評価します。

同じく「Sphero入試」もあり、こちらは論理的思考力を重視した入試です。
ボール型ロボットSpheroを使用し、思考力・判断力・コミュニケーション能力・プログラミングを楽しむ力を評価します。算数が好きなお子様にオススメします。

この上記2種類の入試を実施しており、それに伴ったプログラミング教室も月1で実施されています。

聖徳学園中学
https://www.shotoku.ed.jp/

●大妻嵐山中学校
大妻嵐山中の新しい入試の試みとして「ORみらい力入試」が実施されます。

この内容としては、小学生向けプログラミング言語のScratch(スクラッチ)やPyonkee(ピョンキー)など(他のプログラムでも可)で作成した物語やゲームなどを以下の点についてプレゼンテーションするというものです。内容は以下の通りです。

1.作成したプログラムを動かす
2.プログラムで何をしたかったか説明する
3.プログラムの特徴や工夫したところは何かを説明する

実施の趣旨として、大妻嵐山中はこのように説明しています。
・何を理解しているか、何ができるか(知識・技能)
・理解していること、できることをどう使うか(思考力・判断力・表現力)
・どのように社会・世界と関わり、より良い人生を送るか(学びに向かう力、人間性等)
が重要であると議論がされているところであり、知識・技能や思考力等のみならず、「学びに向かう力、人間性等」についても重視し、教育課程全体の中でバランスよく育んでいくことが期待される。

大妻嵐山中学校
https://www.otsuma-ranzan.ed.jp/

●相模女子大中学部
2019年からプログラミング入試がスタートしました。

この年の入試内容としてはモーターカーを使って「荷物(レゴブロック)を、障害物(壁)を迂回しながらゴールまで運ぶ」ということと、1組3〜4人に分かれ、プログラミングについての発表とディスカッションでした。

モーターカーの採点基準は、成功不成功にあるのではなく、動作の基本理解度、荷物を障害物を避けながら運び、ゴールさせるプログラミング力、このプログラミング力を持続させる努力、完成したプログラミングの補正、再構築など多岐にわたって採点されます。

また、ディスカッションでは課題発見能力、発想力、工夫しようとする力などが採点基準となりました。

相模女子大中学部
https://www.sagami-wu.ac.jp/chukou/

【ヒーローズプログラミング北赤羽校 公式LINEのお友達登録はこちら↓↓】
お友達登録2つの特典
1、抽選で当たると入会金11.000円→無料
2、無料体験授業

LINE ID検索はこちら↓↓
@378gnkbl

マインクラフトは、デジタル版のブロック遊びゲームで、全世界で月間1億3000万人が遊んでいます。
マインクラフトは、自分で自由に世界を作り遊ぶことできます。
具体的には、採掘したり、牧畜したり、建物を立てたり、冒険したり、戦うことができます。欧米や日本の小学校でも、教育向けとして使われているゲームです。

【マインクラフトが世界や日本の教育現場で使われている理由】
1.サバイバル要素で問題解決能力を鍛えられる
2.ブロックでクリエイティブな感覚を刺激できる
3.機械作りでテクノロジーの基礎を学べる
4.みんなで遊んで、協調性が豊かになる

【子どもが200時間かけて、長崎の軍艦島を作りました】

ヒーローズプログラミング北赤羽校では、マインクラフトを使ってプログラミングを学ぶことができます。
しかも、オンラインでも授業を行っています。

【ヒーローズプログラミング北赤羽校 公式LINEのお友達登録はこちら↓↓】
お友達登録3つの特典
1、子どもと人間関係を築く・壊す7つの習慣の資料をプレゼント★
2、抽選で当たると入会金11.000円→無料
3、無料体験授業

LINE ID検索はこちら↓↓
@378gnkbl

是非、この機会にプログラミングについて少しでも知って頂ければと思います。
よろしくお願いします。

2020年からプログラミング教育が小学校でスタートしました。
今後のプログラミング教育についてお話しします。

小学校
2020年の緊急事態宣言での全面休校により全国的に想定通りに実施できていない学校が多い。
そのため、来年度(2021年)からリセットして実施という動きを見込んでいる。

中学校
2021年度より、中学校新指導要領の全面実施によりプログラミング領域が拡大。現在も技術の時間でプログラミングは行われているが、21 年度からは、プログラミングの基礎からプログラミングによる問題解決までより発展的な学習が要求される。(一部私立ではプログラミング入試も実施)

高校生
2022年度より、共通必修科目として「情報I」が追加され、全ての生徒がプログラミングやネットワーク、データベースの基礎について学習していく。そして、情報Iに加えて選択科目として「情報II」が設けられ、情報Iの発展的な位置付けとしてシステムを最適に活用する力やコンテンツを創造する力を育成していく。

今後については
政府は、センター試験に変わる大学入試共通試験にて、2024年からはCBT試験にて「情報I」にてプログラミングと情報リテラシーの試験実施を目指している。また、国公立大学では第4期中期目標計画(2022年〜2027年度)に文系・理系問わず全学部にAI教育を導入する方針(計画中)。それに伴い、私立も含め多くの大学で文系・理系問わず情報やプログラミングを学ぶ時間が増えると考えられている。

【ヒーローズプログラミング 公式LINEのお友達登録はこちら↓↓】
お友達登録3つの特典
1、子どもと人間関係を築く・壊す7つの習慣の資料をプレゼント★
2、抽選で当たると入会金11.000円→無料
3、無料体験授業

URLでの登録はこちら↓↓↓
https://lin.ee/4FcbJxw

【渡辺剛之】
Dream comes true株式会社代表取締役
ヒーローズ北赤羽校 代表
フリースクール×子ども食堂「なんでもいいよ」代表

●開校の想い
私は、26歳の時「仕事の選び方・人生の選び方」という本に出会い、何のために誰のために生きているのかを本気で考えてきました。
その後、様々な経験を通じて「自分の子どもを通わせたいと思える塾を作る」と決意し、ヒーローズ北赤羽校を開校しました。
自分の子どもを通わせたい塾とは、勉強が出来るようになるのはもちろんの事、将来の夢や目標、親子関係、お仕事体験、プログラミングを学べる塾です。
700人以上の子どもの指導経験を通じて、子どもの幸せには次の3つのことが必要だと考えています。

1つ目に、勉強ができるようになる事
2つ目に、将来の夢や目標を明確に持てる事
3つ目に、良好な親子関係

生徒・保護者・塾でしっかりと連携を取り、子どもの幸せを一緒に実現していきましょう。

●経歴
2002年 大和ハウス工業株式会社に入社 住宅設計を担当
2006年 株式会社リクルートに入社
ホットペッパーの営業と広告制作を担当
 全国営業1位・全国広告コンテスト1位を受賞
2010年 大手個別指導塾に入社
2014年 Dream comes true株式会社を設立
ヒーローズ北赤羽校を開校
2019年 フリースクール×子ども食堂なんでもいいよを開校

●経験
子ども700人の指導経験
北区まちなかゼミナール 浮間地区リーダー
世界に13人しかいない予祝マスター講師
日本選択理論心理学会に在籍
「日本ゆめ教育協会」認定ファシリテーター
中小企業の社長NO1決定戦「2019Charming chairman」ベスト100に選ばれる

●メディア掲載
「ゆめのたねラジオGOOD!CLAP!SMILE!」に出演
「ニッポンの底力 社長チップスラジオ」に出演
「2019年8月Forbes JAPAN」に掲載

●プライベート
趣味は、フットサルとスキューバダイビング。
フットサルは今でも月に1回行っています。
スキューバダイビングは、今まで50本くらい潜っていて、1番印象に残っているのはパラオのブルーコーナーです。
お酒はあまり飲めない。ビールは1杯で十分です(笑)
甘いもの好き。アイスは特に好きです★
読書好き。ほぼ毎日、本を読んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

塾長からのメッセージ
イベント情報
算数・アイデアコースの授業風景
5つのお約束
入塾までの流れ

コース紹介

塾概要

個別指導学院ヒーローズ北赤羽校

個別指導学院
ヒーローズ北赤羽校

東京都北区浮間3-1-40-201

03-5916-7166

通学地域例

【小学校】浮間小・西浮間小・袋小・立教小・星美学園小
【中学校】浮間中・桐ヶ丘中・志村2中・志村3中・志村4中・志村5中・九段中・立教新座中・開智中学・小石川中
【高校】高島高校・立教新座高校・文京高校・芝浦工業高校・小石川高校・大東文化第一高校・北園高校・帝京高校・足立新田高校・駒場高校・板橋高校