Pocket

今回からは高校生の不登校について3回にわけてお伝えします。

1.人間関係
高校生が不登校になる原因で多いのが、いじめや交友関係の問題です。
文部科学省の調査によると、不登校の理由の約1割が「いじめを除く友人関係をめぐる問題」としています。
夜遅くまでの部活動、文化祭の準備、スマホを持つようになる、友達と受験勉強、学校終わりのアルバイト
など、家以外で人と関わる機会が急激に増えていきます。
その結果、交友関係が広がる反面、友人とのトラブルの数が増えたり、悩みが深刻化します。

2.学業の不振
高校になると、学校の勉強は一気に高度化します。
大人でも解けないような問題が山ほど出てくる中
「勉強ができる人・できない人」の差が浮き彫りになります。
特に進学校に関しては、勉強に関して周りから高いレベルを求められたり、
勉強ができない自分に嫌気が差したりする生徒が多く出てきます。
このように、他者からのプレッシャーや自己嫌悪により、
不登校になってしまうケースは非常に多くいます。

続きは次回お伝えします。
他にも勉強等についてご質問がある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校にご連絡下さい。

http://hrs-tokyo.com