Pocket

前回の続きです。
過去問が解き終わり、次にやることは、

高校入試向けの対策問題集を買います。その中で、
よく出題される漢字・よく出題される文法・よく出題される古文の単語
を重点的に覚えていきます。
配点自体それほど大きくないので、大きな点数アップには繋がらないのですが、確実に点数を上げられる勉強法です。
漢字と古文の単語はそのまま覚える、文法に関してはわからないところは先生に聞くなどして、きちんと理解していくことが大切です。

漢字・文法・古典を覚えるコツ

漢字は単語カードを使いましょう。
漢字を覚えるときは、多少手間がかかっても単語カードを使うと良いです。
読みから書き、書きから読みの両方を覚えられるので、勉強効率があがります。

文法は、問題集を繰り返しましょう。
文法は難しいことを考えないで、ひたすら問題集を解くのがおすすめです。
わからない部分を先生の教えてもらった後は、何度もその問題を解いて暗記しましょう。

古典はゴロで単語を覚えるましょう。
古典の場合はゴロを使って単語を覚えると、非常に簡単に覚えることができるようになります。
単語を覚えた後はひたすら問題を解いていって、解き方をマスターしましょう。

続きは次回お伝えします。
他にも勉強について聞きたいことがある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡下さい。