Pocket

今回は前回の数学と英語に関しての続きをお伝えします。

●英語、数学の科目特性
英語、数学の大きな特徴として中学で履修した基礎知識を前提に学校の授業も試験問題も作成されるという特徴があります。簡単に言ってしまうと、中学レベルの基礎が当然の前提とされています。
他の科目に比べて中学からの基礎知識を引きずった形で成り立っている科目と言えるのです。そしてそれらの基礎知識を踏まえ高校履修範囲もお互いに関連して成りたっているという特徴が顕著な科目なのです。従って、一気に実力を伸ばすことが非常に難しくかつ根気が必要な科目と言えます。
以上の点から英語、数学について、高校1,2年生であればまず現在の履修範囲までで教科書や傍用問題集等を徹底的にマスター出来ていない、もしくは、わからない部分があるならそこを徹底的に潰す計画を立ててください。
目途として再来年の受験を目指す高校2年生であるならば、来春の2月~3月までに徹底的に英語、数学の基礎固めを行うという計画を立ててください。 これが本当の意味で出来れば、それだけで全国の来年度のトップクラスの受験生と同じ土俵で十分以上の戦いが出来るのです。

以上で大学受験に関する記事を終わりにします。

その他勉強について聞きたいことがある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡ください。