Pocket

保護者の方から「英検・漢検・数検は受験したほうがいいですか?」とよく質問を受けます。
ズバリ・・・受験したほうがいいです。
何故かというと

小学生の場合、子どもにとって勉強の目標になります。
大事なポイントは、合格出来そうな級から取り組むことです
小学生にとって、漢検・数検の合格は小さな成功体験です。
成功体験があれば、勉強に対して自身がつき、前向きに取り組んでくれます。
そうすると先日お話をした
願望の明確化(将来のどんな生活をしたいか)⇒目標の設定(将来の夢や志望校を見つける)⇒達成計画の立案(将来の夢や志望校に合格するために、いつまでに何をどれだけやるかを具体的に決める)⇒成果の視覚化(具体的な結果につなげる)⇒最優先テーマの実行(遊びと勉強があれば、勉強を優先する)⇒達成⇒自信
という成功のサイクルに入ります

中学生の場合、1つ目に小学生と同じく勉強の目標になります。
2つ目に、私立高校受験の推薦の場合、ほとんどの高校で検定3級以上で+1ポイントもらえます。

私は子ども達に「中学2年生までに英検・漢検どちらでもいいので3級を取っておいたほうがいい」と伝えています。
何故なら、中学3年生になると学校の定期テストで点を取らなきゃいけないので、検定の勉強が難しくなります。
是非、早い段階で取り組んでおいてください。

詳しい内容を知りたい方は、東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までお越しください。