Pocket

小学生と中学生では家庭学習のやり方は違います。今回は小学生の家庭学習の方法についてお伝えします。
まず、小学生は勉強の習慣づけが大事です。
そして、まだ親の言うことを中学生に比べて聞く年齢です。親の言うことを聞くうちに習慣づけをしましょう。
そのためには、家で毎日時間を決めて勉強させるのです。
勉強内容は算数の計算練習と国語の漢字練習で十分です。
無理矢理、文章題や説明文の読解をやらせようなどと考えると、お子さんは一気に勉強意欲をなくします。
文章問題や国語の読解練習は塾や学校で練習しましょう。
解き方のコツをしっている先生がわかりやすく教えることでお子さんは勉強の楽しさを知ります。

中学生には小学生と同じ家庭学習のやらせ方は通用しません。
中学生になったら自分で勉強のやり方、やる気の出し方を学ぶように見守ることが必要です。
保護者の中にはこのことを理解できず、小学生と同じ気持ちでわが子に接して失敗する場合が多いのです。
中学生になったらできるかぎり親は子どもの勉強だけでなく生活全般に口出しをすべきではありません。
口出し(ああしなさい、こうしなさいと指図すること)はしないで、お子さんが困ったときだけ、
人生の先輩としてアドバイスをするという気持ちで接するとお子さんのやる気がでてきます。

中学生で伸びるお子さんは、全員自分で今自分は何をしなくてはいけないかを自覚できる子です。

詳しくは知りたい方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡下さい。