Pocket

「算数・アイデア授業」で、「かずってなに?」の第2回の授業を行いました。
算数・アイデア授業は2ヶ月で1つのテーマを学びます。

【かずってなに?のコンセプト】
「数や計算と仲良くなること」を目指すワークショップです。
前半戦は、身のまわりの数や数字に目を向けるところから始まり、人類が数を数えた歴史をめぐりながら数への理解を深めます。
後半戦では「計算のコツ」をキーワードに計算をラクにする工夫を考えます。
算数力の土台を育むことが出来る本質的なプログラムです。

【今日のゴール】
1、「数が変化する」という感覚をつかむ
2、「たし算=数が増える」「ひき算=数が減る」という基本的な概念を理解する

【教室長より感想】
今日は「たし算=数が増える」「ひき算=数が減る」ということを学ぶために「おはじき」「定規」を使い、たし算・ひき算の計算をしました。
おはじき・定規ともに、真剣に計算に取り組んでくれました。
最初は「1桁+1桁=2桁」のたし算が分からない子どももいましたが、定規を使いながら出来るようになりました。
小学校3年生は、かけ算・わり算の概念も扱いました。
最初は「かけ算=倍になる」「わり算=わける」の概念が分からない子どももいましたが、理解できました。
次回は、たし算・ひき算などの計算を「ゲーム」として楽しむ授業になります。
是非、楽しみにしていてください。

興味のある方は、第2・4土曜日に体験授業を行っておりますので、お気軽にご連絡ください。
授業は「a.school探求ラボ/探求算数」のコンテンツを使用しています。