Pocket

前回の続きです。
転校を成功させたという事例があまりないからやめたほうが良い、という意見の方もいます。

なぜ失敗するかというと、いったん不登校となってしまうと
子供は学校に対して回避行動を取るようになってしまうからです。
学校に入るだけで不安に陥ってしまうのです。その結果どのような学校でも通学できない場合が多いです。

学校の存在、先生、友達の存在について恐怖を抱いているお子さんもいます。
ですので、転校する際には子供の心のケアが大切です。

最重要課題は
転校先の学校に慣れること・自分が通うという実感を抱かせること
です。

そして、そのために、

(1)転校先の先生方(校長・学年主任)に子供の状況や課題を相談しておく。
(2)学校の校舎を見学し、転校後の教室や下駄箱、トイレ、保健室など一通り入って雰囲気を確認させてもらう。
(3)引越し前に何度も校舎の周囲や学校の周囲を散歩しながら、
自分が転校したらここに通う、ということをイメージできるようにする。
(4)スムーズに転校できるかわからなかったので、付き添い登校の許可を事前に得て、
子供に「一人で通わなくても大丈夫」という安心感を与える。

このように様々なことを気をつけて転校手続きを進めていくのがいいかと思います。
また、学校の校庭や建物も徐々に入り、自分の学校が怖くないことを確かめさせるようにしていくといいと思います。

他にも勉強について聞きたいことがある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡下さい。

お問合せフォーム