Pocket

前回の続きで高校受験の数学の勉強方法についてお伝えします。
問題集さえ決まれば、次は問題を解いていきます。
最低3回は同じ問題集を解くことです。

もし3回も解けないよと思うのであれば、それは自分にあった問題集を選べていないということです。
この場合は、もう少し薄い問題集に変えた方が良いです。
やっていくうちにわからない問題があれば、まずは解説を見ます。それでもわからなければ先生に聞くようにします。
一番大切なことは誰かに聞いても良いので、わからない問題をそのままにしないと言うことです。

分野ごとに問題集を解いていくコツです。

図形・証明・角度・確率・相似のコツは考えるのではなくパターンを覚えることです。
こういった分野は時間をかけて考えればできると思っているお子さんが多いのですがこれは時間の無駄です。
すぐに答えを見たり質問をしたりして答えを聞いてしまいましょう。
基本的には全てパターンが決まっているだけなので、そのパターンがマスターできれば解けるようになります。

因数分解・関数・比例・方程式のコツ、いわゆる計算問題と言われる分野なのです。
ここで良くある失敗は公式を覚えようとしてしまうことです。
公式はそれだけを覚えるものではなく、使えるようになることが大事です。ですので自然に出てくるまで、
ひたすら問題集を繰り返すことが大事になります。

続きは次回お伝えします。
他にも勉強について聞きたいことがある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡下さい。