Pocket

2月になり、高校受験のシーズンがきたので、受験勉強について科目別にお伝えします。今回からは国語についてお伝えしていきます。
基本的に同じ文章が出ない国語の受験勉強は、どのようにしたらいいのかわからない生徒がいます。

でももちろん国語でも成績を上げることは可能です。とにかく過去問を解きましょう。
過去問を解いても、同じ問題がでるわけではありませんが、そんなことは関係ありません。
過去問を解くことで、問題形式に慣れる・時間配分が体に染み付く・文章を読んで答える力が身に付く
というメリットがあります。

どういったパターンの問題が出るのかわからない状態で問題を解くのと、形式を知っている状態で問題を解くのでは、正答率は違います。
時間が足りなくなって最後まで解けなかったと言うこともなくなります。

過去問を解くときに注意すること

本文の接続詞にマークをつけましょう。これは「しかし」「つまり」などの接続詞の後には、
筆者が伝えたいことが書いてある可能性が高いからです。
本文を読むときにチェックしておくことで、後で問題を解くときにわかりやすいです。

選択肢の問題は間違いを消しながら解きましょう。
選択肢の問題は、全てあっているように感じます。
この中から正しいものを選ぶために、読んでいて一つでも間違いを見つけたら、すぐにチェックをしましょう。
最後にチェックがないものが消去法で正解になります。

続きは次回お伝えします。
他にも勉強について聞きたいことがある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡下さい。