Pocket

親子関係がうまくいかない原因は複数あります。これらを踏まえた上で親子関係を改善する方法をお伝えします。
前にもお伝えしたように親子というのは身近な存在のため、遠慮がなくなり口喧嘩に発展するケースというのは多いです。口喧嘩をするのは仕方ないとして、問題は喧嘩が終わった後の行動です。
親と子というのは長い間、親子という関係性ですからどうしても恥ずかしさなどがあって素直になれないという特徴があります。具体的には口喧嘩をした後に素直にさっきは強く言いすぎてごめんという一言が出てこないなどが挙げられますね。
悪いことをした、雰囲気が悪くなったという時は一言ごめんという言葉があれば相手もいや、こっちも熱くなりすぎて悪かったというような言葉が出てきます。親と子の関係といってもどちらも同じ人間で同じ感情を持っています。衝突したことはもうしょうがないですから、その後は素直に謝って終わりにしましょう。素直というのは人間関係の構築、修復の基本です。

続きは次回お伝えします。
その他ご相談がある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡下さい。