Pocket

今回は家庭学習の休み時間についてお伝えします。
集中力があると思っている子ほど、
実は知らないうちに集中力が切れています。
その結果勉強を始めた時と比べると、同じ時間でできる量が減ってきます。

この状況で、だらだら勉強を続けてしまうと、結局思ったよりも成績が上がらないので危険です。
ではどうしたらよいのかと言うと、2つの方法をお勧めします。

一つは場所を変えたり、長時間休んだりするなどして、一度疲れをリセットする方法です。

もう一つは勉強する時間と休む時間をきちんと決めてそのペースに合わせて、計画を立てていくという方法です。

以下この2つの方法について解説していきます。

1、ちょこっと休憩
朝から晩まで塾などのこもって 勉強を続けていく場合、
お昼を過ぎたあたりから少しずつ集中力がなくなってきます。
これは要するに、体に疲れたが溜まってきた状況なので、
一度大きく休む必要があります。休憩方法としては次の2つがおすすめです。

1、10分程度仮眠をとる
図書館の場合は机の上で、自宅の場合はベッドや布団の上で、
10分程度仮眠をとると、一気に集中力が回復します。
あまり長時間寝すぎてしまうと、眠くなってしまうなど逆効果なので、10分程度がおすすめです。

続きは次回お伝えします。他にも勉強などでご質問がある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡ください。