Pocket

今回は数学の定期テストの点数UPの方法の続きについてお伝えします。

【30点⇒80点】
教科書の問題を解けるようになったら、
次に学校のワークに載っている問題を解いていきます。

学校のワークは基本的に、教科書の問題の数字が変わっただけのものです。
ですので、教科書の問題が解けていれば、に解くことが可能です。

ただ、解いていく上でわからない問題もあると思います。
そういった問題には付箋を貼っておいて、
学校の先生もしくは塾の先生に聞くようにしてください。

わからない問題をいつまでも考えているよりも、飛ばしておいて後で説明してもらったほうが時間が短縮できます。

学校の問題集をより効果的に使うポイントがあります。

1、授業で習った後にすぐに解く

学校の問題集をテスト前にまとめて解くのもいいのですが、
一番効果的な方法は授業で習うたびに解いていくという方法です。
授業で習った後であれば簡単に解けるはずです。
一度解いておけば、テスト前に再度解きなおしたときも簡単解けます。

2、友達に教える

人間の脳みそは、誰かに教えると理解力が高まるという法則があります。
つまりワークを解き終わった後、友達に教えてあげることで、さらに深く理解できるようになります。
友達にも感謝されて自分の理解力も高まるのでおすすめです。

続きは次回お伝えします。
その他勉強について聞きたいことがある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡下さい。