Pocket

今回は前回の続きで国語の定期テストの点数UPについてお伝えします。

【50点⇒80点】
教科書の文章を音読したら、ある程度は頭の中に本文が入っていると思います。
ただ、次のような問題

3.下線部の言葉について作者の考えに近いものを、次のア~エの中から選び、記号で答えなさい。

こんな問題をよく見かけると思います。

定期テストでは、こういう問題が当たり前に出るのですが、「作者の気持ちなんて作者にしかわからないですよ」と思うお子さんもいるかと思います。

実はこの問題は先生が考えているのではなく、
プリントや問題集からそのまま持ってきているケースが多いです。

ですので、プリントや問題集の答えをそのまま覚えることで、簡単に解けてしまいます。
これで80点までは点数を上げられます。

学校の問題集を解く時のポイントがあります

1、覚えるのではなくやり方をマスターする

「学校の問題集の答えを覚える」と言うと、どうしても答えをそのまま覚えてしまうお子さんがいます。
しかしこの方法を使っても点数は上がりません。答えを覚えるのではなくきちんとやり方や理由まで覚えましょう。

2、1回では覚えられない

よく「1回問題を解いたのですが覚えられない」
と悩んでいるお子さんがいるのですがこれは当たり前です。
人間と言うのは繰り返し繰り返し問題集を解くことでようやく頭に入るようになります。
最低3回解きましょう。

続きは次回お伝えします。
その他勉強について聞きたいことがある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡下さい。