Pocket

今回は前回の続きで中学受験と勉強時間についてお伝えします。
前回、中学受験も「受験」である以上は、勉強時間は通常の小学生よりも長くなるのは当然ですが、問題はその中身だとお伝えしました。

中学受験の算数の場合、同じ問題を数名の生徒に解かせると、実にさまざまな解き方をしていることがあります。間違った解き方をしている子もいれば、正解にたどりつくことができるけれども遠回りな子もいたり、様々なお子さんがいます。
ここで大事なのは、出題された意図をくんで、その意図通りに正解を提示することです。
ところが、実際の指導の現場では、正解していれば理解している、不正解であれば解きなおしを命じられる。これが延々と繰り返されるのです。本質的に理解しないまま先へ先へと進むため、成績が低迷したり、成績が乱高下する生徒が続出するわけです。

このようなことを防ぐためには「自分だけの課題」に取り組む時間を作ることです。解ける問題を何度も解いたりするのは無駄ですよね。そうではなくて、解けない問題、解くのに時間がかかる問題、それが「自分だけの課題」です。

例えば、算数の成績が思うように上がらないときは、それまでの復習をすることをおすすめします。
長時間勉強しても算数の成績が上がらないときは、今の勉強時間をオーバーしない範囲で、苦手分野に向き合う時間を作りましょう。

以上で中学受験に関する内容を終わりにします。

他にも高校受験・大学受験に関するアドバイスもできますのでお悩みの方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡ください。