Pocket

今回は前回の内容の続きです

第一志望校・難関大学合格に必要な受験基礎を作るには教科書とその傍用問題集で十分である、むしろそれが最も適しているということは、いくつもの書籍にあげられています。教科書とその傍用問題集と志望校の過去問集の間をつなぐ市販の問題集、志望校の過去問集だけでどこの難関大学にも合格できるだけの実力をつけることが出来ます。
なぜなら、どこの大学の入試問題でもそれ以上の知識やそこから的確に得られる思考以上のものは合格点を取るために必要のない問題設定になっているからです。

だから、一番大事なのは基礎をきちんと定着させ自分のものにすることです。

焦る必要も無理に先に進む必要もなく、とにかく最低限授業の進度に合わせてそこまでの範囲の基礎をしっかりと身につけるということが最も合格を確実にする方法なのです。 基礎の理解って一番本当は難しいんです。 教師でもそれを本質から教えられる人は本当はそれを十分にマスターしている実力者のみという現実があるのです。 でも、みんなが軽視する部分なんです。 それさえしっかりと出来てしまえばあとは問題演習を通じて使いこなす術を学べばどんな問題でも解けるようになります。だから焦って先取り学習をしようとかは考えなくていいです。

続きはまた次回お伝えします。

その他勉強について聞きたいことがある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡ください。