Pocket

理科の勉強の仕方がわからない・単語だけ覚えても点数が取れなくて、どうしたらいいかわからないなど思っているお子さんのために、今回は理科のテストで90点取れるようになるための勉強法方法、そして勉強のポイントをお伝えします。
勉強のコツやポイントさえ知れば、理科は誰でも得点を稼げる教科になります。

理科で高得点を取るために必要なこと

「理科・社会は暗記科目だ」とよく言われますが、少し間違っています。
理科は社会同様、暗記である程度高得点が取れます。
ある程度というのは、残りの20%が計算方法(公式)や基本的な解法パターンを理解して、覚えておかなければ解けない問題だからです。

例えば「暗記(知識)」の問題はこんな問題です。

「Q. 植物の道管と師管が集まって、束になっている部分を何というか」 →A. 維管束
「Q. コイルの中の磁界を変化させたとき、コイルに電圧が生じ、電流が流れる現象を何というか」 →A. 電磁誘導

こういった問題は「知っているかどうか?」を問う問題です。つまり、「暗記」していれば得点を取ることができます。
反対に「暗記」をしていなければ、点数が取れません。

「計算方法」や「解法パターン」を理解し覚えておかなければいけない問題は解くのにいくつかのプロセスがあります。
「“仕事の原理”を使って求める問題だ」と気づく
「垂直方向の仕事」を求める
「垂直方向の仕事」=「斜面方向の仕事」という方程式を立てて解く などです。

覚えるためには現象の理解も必要ですし、「計算方法」も知っていなければいけませんし、そのためには十分な演習量をこなしている必要もあります。このような問題があるため、数学のような要素が理科にはあります。

今すぐ点数が上がる理科の勉強方法と勉強のポイント
先ほど説明した通り、理科は社会のように暗記する勉強法+数学のように得点力をつける勉強法が必要になります。
社会のように暗記する勉強法については社会の勉強法がそのまま使えるので、一気に点数を上げることができます。

続きは次回お伝えします。
他にも勉強について聞きたいことがある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡下さい。