Pocket

前回の続きで数学の勉強方法についてお伝えします。

前回段階分けをしましたが、それぞれによって状況が違うため、勉強方法が異なります。段階ごとの勉強法をひとつひとつお伝えします。

【段階1】(0〜39点)そもそも計算の仕方があやふやorとても不正確
0〜39点ぐらいの点数の人は、100%計算がめちゃくちゃになってしまっています。
なので、まずは計算問題だけにしぼって勉強をしてください。
まずは計算ができるようになれば数学の苦手意識もかなり払拭できるはずです。
計算が確実にできるようになるためには次の段階2を行えば必ずできるようになります。

【段階2】(40〜79点)
40〜79点の点数の人は、計算力(弱) × 解法パターン知識(強)
→わからない問題は少ないが、計算でミスをしてしまう

計算力(中) × 解法パターン知識(中)
→計算でちょこちょこミスをしてしまうし、テストでわからない問題もちょこちょこある

計算力(強) × 解法パターン知識(弱)
→計算ミスはあまりないタイプだが、解き方がわかならい

の3パターンに分けられます。

ステージ2の人は、基本的に勉強量を増やすだけで成績はかなり改善されます。というのも、ただただ勉強不足が原因だからのことが多いからです。

基礎・標準問題を解いていれば、必然と計算が発生し、計算のトレーニングになります。また、繰り返しとくことで“解法パターンの知識”も定着させることができます。
段階2の人は学校のワークの基礎・標準問題をもっと徹底的にやり込んでください。

【段階3】(80〜100点)
最後にステージ3です。
80点台の人と、90点台の人の違いは何か?
それは応用問題ができるかできないかです。ステージ2までしっかりできれば80点は必ず超えます。
90点以上を目指す人は応用問題もできるようになりましょう。

これで終わりです。
他にも勉強について聞きたいことがある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡下さい。