Pocket

今回は前回の続きで、勉強ができる・出来ない子供の違いについて
お伝えします。


2.授業だけが学びの人

これは、授業をしっかりと受けて学び、さらに家で予習復習や宿題など、勉強する時間の中ではしっかりと学んでいる人をいいます。このような生徒は、公立の学校では比較的上位の成績がとれます。
だいたいのお子さんはこの層に入るのではないでしょうか。5段階評価でいえば4のレベルくらいかと思いますが、全体に占める割合は正規分布に仮にあてはめるならば24%です。

3.寝ているとき以外、すべて学びの人

このような人が最もできる人です。本当にそんな人がいるのかと思われるかもしれませんが、います。東京大学には、たくさんいます。彼らは、人と話をするときも、テレビを見ているときも、街を歩いているときも、感じ、考え、自分の意見を持つ習慣を持っています。それによって教養が深まり、考える力が深まり、記述力や小論文といった自己表現力もつくのです。
たとえば、家から駅までの間を歩いている場合でも、普通は大きな変化がなければなにも気づきませんが、この3のタイプの人は、非常に多くの気づきを得て、そこから考えたりするのです。ですから得られている情報量が1や2のタイプの人とはまったく異なります。
一度、このようなタイプの人と一緒に旅行に出かけてみるとわかります。1のタイプと3のタイプとでは、経験から得られる知識量に雲泥の差がついているのではないでしょうか。もし5段階評価でいうと5を取るこの層は、正規分布でいえば全体の7%です。

以上で終わりです。

他に勉強について知りたい方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡ください。