Pocket

「算数&探求コース」で、「コンビニ店長編」の第1回を行いました。
算数&探求コースは2ヶ月で1つのテーマを学びます。

【コンビニ店長編のコンセプト】
「計算と仲良くなること」を目指すワークショップです。計算ドリルを通じて計算の反復練習を行うのではなく、「コンビニ商売の疑似体験」を通じて、お釣りの計算、レジの売上管理を行い、計算という行為に親しみます。身の回りの暮らしに結び付いているために体感的に計算力を身につけることができ、かつ商売の仕組みにまで興味関心を広げる多角的なプログラムです。

【全体のゴール】
1、商売という行為に興味・関心を持つ(Will)
2、身近な生活の中で自然と計算をする習慣がつく(Can)
3、他の人と一緒に目標を立て協力する力がつく(Can)

【第1回のゴール】
身の回りのモノの値段に興味を持つ

【第1回の取り組み内容】
1、お金とは何か?を考える
2、コンビニで販売されている商品やその値段を調べる

【教室長より感想】
今回は、コンビニで売っているものやお金について考えてもらいました。
コンビニで売っているものについては、みんな普段行っていることもあり、たくさんの意見が出てきました。
お金についても、2000円札について知っている子どももいました。
最後に「コンビニのレジに挑戦」ということで商品のおつりについて考えてもらいました。
おつりは簡単なおつりはよく出てきていましたが、500円や110円など3けたの数が出てくると苦戦していました。
少しずつ慣れていきたいと思います。
次回から、ゲームでコンビニ経営に挑戦していきます。

興味のある方は、
小学1~3年生 第2・4金曜日16:30~17:30/第2・4土曜日14:00~15:00
小学4~6年生 毎週水曜日  16:20~17:50
に体験授業を行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

授業は「a.school探求ラボ/探求算数」のコンテンツを使用しています。