Pocket

今回は国語の成績についてお話します。

『国語の成績を上げるためには読書が一番』

よく言われる言葉です。しかし、テストの成績をよくしようと思って、今まで本をあまり読まなかった子や本嫌いな子に無理やりに本を読ませても、効果はあまりありません。

本を読むことと国語の成績が良くなることには相関関係はあまりありません。

国語の成績を上げるには、入試問題や国語の問題集の文章を読んで、この文章が何を言おうとしているのか、文章の構造はどうなっているのかを読み取る力(読解力)を先生と一緒に考えたほうが効果的です。

本が好きな人は確かに文章を読みなれているから、内容を読み取る力(読解力)はあります。しかし、だからといって本が嫌いな子に「国語の成績を上げるには読書だよ」というのは違います。

ただ、国語の成績が上がるかどうかは別にしても、本を読む習慣をつけることは大事なことだと思いますので、ぜひお子さんには本が好きになってもらいたいです。そのためにヒーローズ北赤羽では生徒向けに本棚を設置し、休み時間等にいつでも誰でも本を読めるようにしています。

詳しい内容を知りたい方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡下さい。