Pocket

「算数・アイデア授業」で、「世界ラボ 食卓編」の第2回の授業を行いました。
算数・アイデア授業は2ヶ月で1つのテーマを学びます。

【世界ラボ 食卓編のコンセプト】
「世界ラボ 食卓編」は、「世界の食について探求し、実際に疑似体験してみよう」というワークです。
世界のことを知識として探求するだけではなく、世界の人々の生活や文化を研究する「人類学者」になったつもりで「自分でやってみる」ことに重点を置きながら学びを広げていきます。「食」をテーマとして、異国の料理を自分で作って食べてみる体験をしたうえで、その活動を「体験記」としてまとめて発表します。
また、疑似体験は宿題になるため、保護者と共に学んでいきます。

【第2回のテーマ】
世界の食べ物の体験計画をたてる

【第2回の取り組み内容】
1、調べてきたことを発表して、学びを深める
2、疑似体験したいことを考えて、計画をたてる

【今日のゴール】
1、自分が探求する国の食事について、基本的な知識や自分なりの「なぜ?」を持っている
2、疑似体験したいことが決まり、「どのように体験を進めていくか」の行動計画をたてる

【教室長より感想】
毎回行う「国の名前いくついえるか?」ゲームは、前回と比べて国の名前を言える子ども達が増えて盛り上がりました。
それぞれの国の食べ物を調べる宿題も一人ひとりノートいっぱいに絵や言葉でまとめてきて、それぞれの国への興味が強くなりました。
「モアイ像」「オーロラ」など食べ物以外についても調べることで「その国に行ってみたい」という意見も出てきました。
次回は、実際に体験したことを共有して、意見を出し合います。
是非、楽しみにしていてください。

興味のある方は、第2・4土曜日に体験授業を行っておりますので、お気軽にご連絡ください。
授業は「a.school探求ラボ/探求算数」のコンテンツを使用しています。