MENU
プロフィール背景画像
渡辺剛之
代表からのメッセージ
初めまして、代表の渡辺剛之と申します。
私は、26歳の時「仕事の選び方・人生の選び方」という本に出会い、何のために誰のために生きているのかを本気で考えてきました。
その後、様々な経験を通じて「自分の子どもを通わせたいと思える塾を作る」と決意し、ヒーローズ北赤羽校を開校しました。
塾概要


個別指導学院ヒーローズ
北赤羽校
東京都北区浮間3-1-40-201
TEL:03-5916-7166

【小学校】
浮間小・西浮間小・袋小・立教小・星美学園小

【中学校】
浮間中・桐ヶ丘中・志村2中・志村3中・志村4中・志村5中・九段中・立教新座中・開智中学・小石川中

【高校】
高島高校・立教新座高校・文京高校・芝浦工業高校・小石川高校・大東文化第一高校・北園高校・帝京高校・足立新田高校・駒場高校・板橋高校

サイトをリニューアルしました!

お子様のやる気を上げたい保護者様必見★やる気を上げるテスト後の声掛け

今回は本の紹介をします。斉藤一人さんの本です。
タイトルは「斉藤一人の絶対成功する千回の法則」です。
その中に書いてあることで実践してみたいことがありました。
「やってやれないことはない、やらずにできるわけがない」という言葉を常に言うことです。
このフレーズを口ずさんでいるととっても行動的になれるきがします。

斉藤一人さんが書いていることで子育てに役立つこともたくさんあるのですが、
その中の一つに完璧主義者の親の話が出てきます。
完璧主義の親とは完璧な親ではなく、完璧を子どもに期待する親です。子どもたちは試験で100点取れればいいと思っていても
60点しか取れない時があります。そんな時、完璧主義の親御さんは「どうしてこんな点数をとったの?反省しなさい」と子どもに反省させます。子どもは反省して、失敗を怖がる子どもになります。失敗をしないで完璧になれないのならテストを受けない、受けたくないと思うようになってしまうのです。万事がこのようにして、なにかをする前に失敗したらどうしよう失敗するくらいならやりたくない…と思う子になってしまうのです。人間は完璧ではありません。でも、良い所も必ず持っています。反省などさせずにどんどんいいところをほめてあげましょう。

「英語はダメだったけど、社会はよかったね」
「次回はうまくいくんじゃない?」
「今回も頑張ったんだから、えらかったよ。努力が大事だよ」

そんな言葉がきっと子どもさんをやる気にさせると一人さんは書いてました。

このほかにも親子関係や勉強について知りたい方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡下さい。

【ヒーローズ北赤羽校 公式LINEのお友達登録はこちら↓↓】
お友達登録の特典
★「成績2がなくなる5つの秘密」をプレゼント
★入会金22.000円→無料

URLでの登録はこちら↓↓↓
https://lin.ee/pw1P7tk

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる