塾長ブログ

今回からは親子関係について、お伝えしていきます。
人間関係の基礎を学ぶ上でも大切となるのは親子関係です。『私たちは子供のことが大好きです』『自分は親にはとても感謝しています』というようなお互いが心から『家族が大好き』といえる親子関係が最も理想ですが、残念ながら現実を見ると『どうも親との関係がギクシャクしている』『最近、子供との接し方で悩んでいる』といった現実があるのではないでしょうか。
なぜ親子の関係はうまくいかないのか?そして親子関係を修復させるにはどのような方法があるのか?今回からはこの2つの疑問についてお伝えしたいと思います。
まずは親子関係がギクシャクしている原因を見つけることが大切です。原因を見つけることでその後の対策法も浮かぶ可能性が高くなるため、現在の家庭環境と照らし合わせながら考えてみてください。

続きは次回お伝えします。
その他ご相談がある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡下さい。

前回の続きです。
子供は成長する度に自分の考え方を持つようになります。そして親というのはまだ自力で何もできない時から子供を見ているため、いつまで経っても心配という気持ちが心の中にあります。
この親の心配する気持ちと子供の心配ばっかすんなよ、という気持ちがぶつかり合うことで親子関係がギクシャクすることになるのです。特に子供が親から離れたいという気持ちが強くなる思春期からこの傾向は強くなり、子供からしてみれば鬱陶しいという気持ちが大きくなります。ここで親子が衝突することになると成人以降もどこかギクシャクした関係になることが多いです。また子供が成人になっても心配という気持ちからいつまでも細かいことを言う両親もいます。
子供も大人になったためムキになることはありませんが心の中ではいつまで私の生活ややり方に干渉するつもりという気分になり、親との接触を避けるようになってしまうのです。

続きは次回お伝えします。
その他ご相談がある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡下さい。

「算数&探求コース」で、「投資家・ギャンブラー編」の第1回を行いました。
算数&探求コースは2ヶ月で1つのテーマを学びます。

【投資家・ギャンブラー編のコンセプト】
どの会社が今後伸びるだろうか?「投資家」とは、世の中の動きや会社の経営に関する様々な情報を読み解いて、未来の可能性を判断する仕事です。そして、その投資の世界で重要なスキルの1つが、「確率(場合の数)」を読み解く力。まずは、サイコロやカードを使った身近な「ギャンブル」の世界から入り、株式投資ゲームでさらに確率的思考を磨いていきましょう。

【全体のゴール】
1、世の中のお金の流れについて興味関心を持つ(Will)
2、場合の数・確率の概念を習得し、生活の中で使いこなすことができる(Can)
3、複雑な情報に惑わされずに自分で戦略を立てて意思決定することができる(Can)

【第1回のゴール】
ギャンブルと場合の数・確率の繋がりに興味関心を持つ

【第1回の取り組み内容】
1、サイコロチャレンジで遊ぼう
2、サイコロと確率について学ぶ
3、ブラックジャックで遊ぼう

【教室長より感想】
今回は、サイコロチャレンジとブラックジャックで遊びながら、確立について探求していきました。
サイコロチャレンジとブラックジャックは、保護者の方を巻き込みながら楽しく探求できました。
サイコロと確率について学ぶワークでは、サイコロ2つで全部で36パターンあることを理解してくれました。
ちなみにこれは中学2年生で学ぶ内容です。形を変えれば小学1・2年生でも理解できます★
次回は、ブラックジャックで確率について探求していきます。

興味のある方は、
小学1~3年生 第2・4金曜日16:30~17:30/第2・4土曜日14:00~15:00
小学4~6年生 毎週水曜日  16:20~17:50
に体験授業を行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

授業は「a.school探求ラボ/探求算数」のコンテンツを使用しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中学生や高校生によくある間違いですが、企業に就職=つまらないこと、手に職=スゴイという考え方です。後者がスゴイのは間違いないかも知れませんが、前者については絶対に間違った認識です。もしも時間があるのなら、身近な大企業についてじっくり調べてみるのをおすすめします。「面白そう」という企業がたくさんあることに気づくはずです。実際に就職活動を始めみると、企業研究は採用されるための作業になってしまうので面白くないですよね。まだ高校生以下であれば、こういった作業は進路を決める役に立ってくれます。例えば、どんなに「この仕事がしたい」と思っても、文系学部ではお菓子メーカーの開発部署には採用されません。学部選びにも、注意が必要です。
「将来の夢」の将来がいつを指すのかは人それぞれですが、社会人になった人に経験談をきいてみるのもおすすめです。年代は問いませんが、自分とあまり離れすぎていない方がいいでしょう。そういった人について聞いてみるのも面白いでしょう。
以前からお伝えしてるように、今夢がないからといって焦ることはありません。しかし、時間はずっと繋がって流れています。「もう少ししたら頑張ろう」という考えでいると、いつの間にか「将来」になってしまうかもしれません。自分の夢が見つかった時、いつでも走り出せる準備はしておきましょう。

以上で終わりです。
その他ご相談がある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡下さい。

「将来の夢はサッカー選手」と言うように、夢=職業と考えているかもしれません。しかし、必ずしも夢=職業ではないです。自分の夢がなかなか見えてこない、という中学生はこの固定観念を捨てましょう。職業ではない形で夢をかなえる人はいくらでもいます。職業も夢の一つですが、そこに捕らわれているとやりたいことを狭めてしまう可能性がありますので注意しましょう。
実際、机の上でずっと考えていても将来の夢が見つかるのは難しいです。もちろん、インターネット等で情報収集を行うことも必要でしょうが、それだけでは始まらないのです。
まず、自分が今やってみたいこととその理由を紙に書き出しましょう。人から道具を借りたり、なるべくお金がかからない方法で手あたり次第に試してみましょう。今週はペン字、週末はサーフィン、来週はギター…というように。どこかで自分の好きなことへのヒントや、いい出会いがあるはずです。「自分探しの旅」とは、本来このようなものではないでしょうか。

続きは次回お伝えします。
その他ご相談がある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡下さい。

「将来の夢がない」という中学生はたくさんいます。夢があることが当たり前ではありません。そんな中学生のために、夢を見つけ出すヒントをいくつかご紹介していきたいと思います。夢を見つける事で充実した人生を送ることができます。
昨今では、小さいことから大切にしてきた夢を追うことが当たり前といった風潮があるかもしれませんが、将来の夢がないからといって焦る必要はありません。まだ見つかっていないだけです。
「夢」という形ではなくても、好きなことややりたいことは心の中にあるはずです。そこから夢を探し始めても、遅くはありません。
自分に自信がない中学生は、「どうせ自分なんて」という考えから、目標を持つことを怖がってしまうのです。
または、小学生、中学生と進学してくる過程で、勉強や何らかの分野で挫折を味わったことがあると思います。失敗や挫折を味わうということは、かなりのストレスになります。「また頑張ろう」と思える人はいいのですが、そうはいきません。挫折が辛い経験として記憶に刻まれてしまうと、夢などの大きな目標に立ち向かうことを自然と避けるようになります。また挫折を味わうのを避けています。

続きは次回お伝えします。
その他ご相談がある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡下さい。

前回の続きで、冬休みの過ごし方についてです

理科・社会
理科社会は学校によって習っている範囲が異なりますが、理科の例をあげておきます。

1年生 は力・ばね・圧力・水溶液の復習を。
2年生はオームの法則・磁界・原子記号と反応式

理科社会は教科書をじっくり読むことをおすすめします。
中学校では、意外に教科書を使わずに授業をしている学校・先生もいます。
もう一度理解をしなおす、知識を整理するという意味では、教科書が良いと思います。
公式や計算方法を確認して、ワークやプリントで復習しましょう。

国語

「古文」を行ったお子さんは古文を復習しましょう。
古文の歴史的かなづかいや現代語訳、漢文の形式やレ点、書き下し文を見直しておきましょう。復習をするときは、古文を音読すると効果的です。

冬休みワークがあるとき
学校で冬休みの宿題ワークがあるときは、冬休みワークを利用して復習も効果的です。
5科目の薄い冊子が配られると思うので、すべての問題を2回やるのが理想的です。
1回目はワークに書き込まず、ノートに答えだけ書いていきます。
丸付けをして、間違えた問題は解説をよく読んでからチェックをいれましょう。
2回目は、チェックが入った問題に注意しながらワークに書き込み、提出しましょう。

以上で良い冬休みの過ごし方の話しを終わりにします。
他にも勉強について相談がある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡ください。

今回は家庭学習の休み時間についてお伝えします。
集中力があると思っている子ほど、 (さらに…)

本日は、成績が伸びる子どもの共通点についてお伝えしていきます。 (さらに…)

12月27~28日中3生を対象とした未来合宿を行いました。
未来合宿は、受験に向けて「やりきることで自信をつける」2日間です。
今回の合宿のテーマは「わくわく・感謝・自己改革・勝利」です。
勉強以外にもプレゼン・親への感謝など様々なワークを行いました。
エンディングの親からの手紙では、半数以上の子ども達が泣いていました。
詳しい内容を知りたい方は北区にあるヒーローズ北赤羽校までお越しください。

塾長からのメッセージ
イベント情報
算数・アイデアコースの授業風景
5つのお約束
入塾までの流れ

コース紹介

塾概要

個別指導学院ヒーローズ北赤羽校

個別指導学院
ヒーローズ北赤羽校

東京都北区浮間3-1-40-201

03-5916-7166

通学地域例

【小学校】浮間小・西浮間小・袋小・立教小・星美学園小
【中学校】浮間中・桐ヶ丘中・志村2中・志村3中・志村4中・志村5中・九段中・立教新座中・開智中学・小石川中
【高校】高島高校・立教新座高校・文京高校・芝浦工業高校・小石川高校・大東文化第一高校・北園高校・帝京高校・足立新田高校・駒場高校・板橋高校