塾長ブログ

前回の続きで高校受験の数学の勉強方法についてお伝えします。
問題集さえ決まれば、次は問題を解いていきます。
最低3回は同じ問題集を解くことです。 (さらに…)

「算数&探求コース」で、「投資家・ギャンブラー編」の第3回を行いました。
算数&探求コースは2ヶ月で1つのテーマを学びます。

【投資家・ギャンブラー編のコンセプト】
どの会社が今後伸びるだろうか?「投資家」とは、世の中の動きや会社の経営に関する様々な情報を読み解いて、未来の可能性を判断する仕事です。そして、その投資の世界で重要なスキルの1つが、「確率(場合の数)」を読み解く力。まずは、サイコロやカードを使った身近な「ギャンブル」の世界から入り、株式投資ゲームでさらに確率的思考を磨いていきましょう。

【全体のゴール】
1、世の中のお金の流れについて興味関心を持つ(Will)
2、場合の数・確率の概念を習得し、生活の中で使いこなすことができる(Can)
3、複雑な情報に惑わされずに自分で戦略を立てて意思決定することができる(Can)

【第3回のゴール】
株式や世の中のお金の流れに興味関心を持つ

【第3回の取り組み内容】
1、株式投資について学ぶ
2、株式投資ゲームで遊ぼう

【教室長より感想】
今回は、株式投資について学んだ後に、株式ゲームで遊びました。
会社四季報の見方は最初大変そうでしたが、少しずつ見方を理解できました。
株式投資ゲームでは、どの会社に投資するか、いくら投資するかを考えながら
投資した会社の株価が上がったり、下がったり楽しく探求してくれました。
次回は、株式投資ゲームの後半戦です。

興味のある方は、
小学1~3年生 第2・4金曜日16:30~17:30/第2・4土曜日14:00~15:00
小学4~6年生 毎週水曜日  16:20~17:50
に体験授業を行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

授業は「a.school探求ラボ/探求算数」のコンテンツを使用しています。

今回から高校受験の数学の勉強方法についてお伝えします。
数学の受験勉強で最も大切なことは、自分の行きたい高校のレベルにあった問題集を選ぶことです。 (さらに…)

前回の続きです。
国語の入試問題の中で最も配点が高いのは、 (さらに…)

前回の続きです。
過去問が解き終わり、次にやることは、 (さらに…)

2月になり、高校受験のシーズンがきたので、受験勉強について科目別にお伝えします。今回からは国語についてお伝えしていきます。
基本的に同じ文章が出ない国語の受験勉強は、どのようにしたらいいのかわからない生徒がいます。 (さらに…)

前回の続きです。
夢や目標に向けて頑張る子供の姿を見守ることで将来、目標を達成した時に子供は必ず『あの時に何も言わず自分を見守ってくれてありがとう』という気持ちになり大きな親孝行をしてくれるでしょう。
また子供側も自分でやりたいことが見つかったらその夢や目標に向けて精一杯努力すること。『親は何も言わないから多少サボっても大丈夫だろう』という姿勢ではいけません。そして結婚して親に孫の顔を見せてやりたいという気持ちがあっても行動しなければ、その目標は達成できません。
素敵な結婚相手を探す努力もしてみましょう。現在は結婚が難しい時代ということもあり、全国に多くの結婚相談所があります。自力でお相手を探すのが難しいという方はそのような場所へ足を運んでみるのもおすすめです。
親は見守る、子供は精一杯努力する。このような環境を整えることで子供も『父さん、母さんはいつも私を見守ってくれている、頑張ろう!』という気持ちになります。

これで終わりです。
その他ご相談がある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡下さい。

前回の続きです
これは簡単に説明すると親の価値観を子供に押しつけるなということです。あなたは〇〇大学を出て一部上場の〇〇カンパニーに入社するのなど親の理想ばかりを子供に求めても、子というのは人生経験を積み重ねていく中で自分は将来はこうありたいんだという強い目標や夢が出てきます。
その気持ちを理解できない親だと子供もこっちの話も全く聞いてくれないからもうどうでもいいやという気持ちになってしまうのです。また結婚に対する考え方も親世代と子供世代では大きく変わっています。
1980年の平均初婚年齢は男性が27.8歳、女性が25.2歳となっており、この時代は25歳を過ぎると『売れ残ったケーキ』ともいわれていたほどです。しかし現在ではライフスタイルの変化、女性の社会進出、日本経済の悪化により晩婚化が進み2010年の平均初婚年齢は男性が30.5歳、女性が28.8歳に達しています。
もちろん現代の男性、女性も結婚はしたいという気持ちは持っていますが不景気で経済的余裕がない。今は仕事が大事な時期だからという理由でどうしても初婚を迎える年齢が親世代と比較すると遅くなってしまうのです。
このような時代背景をしっかりと把握している親であれば子供に対して早く結婚しなさいとは言いませんが、問題は父さん、母さんの時代は20代半ばでみんな結婚してたのよ、ご近所さんの目もあるからあなたも早く良い人見つけなさいと顔を会わす度に結婚を急かす両親。
子供としても早く結婚して孫の顔を親に見せたいという気持ちは当然ありますが、何せ前述のように今は結婚が難しい時代。
このうんざりという気持ちから親子の会話が減っていくというパターンもあります。このような環境にならないようにするには親側は『とにかく見守る』というスタンスで接すること。

続きは次回お伝えします。
その他ご相談がある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡下さい。

親子関係がうまくいかない原因は複数あります。これらを踏まえた上で親子関係を改善する方法をお伝えします。
前にもお伝えしたように親子というのは身近な存在のため、遠慮がなくなり口喧嘩に発展するケースというのは多いです。口喧嘩をするのは仕方ないとして、問題は喧嘩が終わった後の行動です。
親と子というのは長い間、親子という関係性ですからどうしても恥ずかしさなどがあって素直になれないという特徴があります。具体的には口喧嘩をした後に素直にさっきは強く言いすぎてごめんという一言が出てこないなどが挙げられますね。
悪いことをした、雰囲気が悪くなったという時は一言ごめんという言葉があれば相手もいや、こっちも熱くなりすぎて悪かったというような言葉が出てきます。親と子の関係といってもどちらも同じ人間で同じ感情を持っています。衝突したことはもうしょうがないですから、その後は素直に謝って終わりにしましょう。素直というのは人間関係の構築、修復の基本です。

続きは次回お伝えします。
その他ご相談がある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡下さい。

前回の続きです。
親から見れば子供はこうしなさい子供から見れば親はこうあるべきという自分の理想を求めすぎると親子の関係はギクシャクしてしまいます。特に親側の過度な期待で悩む子供というのは多いです。
もっとしっかりしなさい、良い大学、企業に入るためにたくさん知識を身につけなさい、などの発言は親心にあふれているともいえますが子供からしてみれば親が敷いたレールを走らされている気分になります。またこのような発言をすることで子供は自身が将来的に本当にやりたいことを断念してしまうこともあります。親に本心も言えない環境になることで自然と親子の距離は離れていきがちになるでしょう。
親と子というのは最も身近な存在です。身近な存在であるがゆえに遠慮というものがなくなるため、一度意見が対立すると激しい口喧嘩に発展しやすいともいえます。
口喧嘩もお互い遠慮がないためついつい相手を傷つけてしまうような言葉が出てしまい、それが原因で親子関係がギクシャクすることが多いです。また喧嘩の後も親子の関係であるがゆえに素直になれず、そのまま会話がなくなるということもあります。

続きは次回お伝えします。
その他ご相談がある方は東京都北区にあるヒーローズ北赤羽校までご連絡下さい。

塾長からのメッセージ
イベント情報
算数・アイデアコースの授業風景
5つのお約束
入塾までの流れ

コース紹介

塾概要

個別指導学院ヒーローズ北赤羽校

個別指導学院
ヒーローズ北赤羽校

東京都北区浮間3-1-40-201

03-5916-7166

通学地域例

【小学校】浮間小・西浮間小・袋小・立教小・星美学園小
【中学校】浮間中・桐ヶ丘中・志村2中・志村3中・志村4中・志村5中・九段中・立教新座中・開智中学・小石川中
【高校】高島高校・立教新座高校・文京高校・芝浦工業高校・小石川高校・大東文化第一高校・北園高校・帝京高校・足立新田高校・駒場高校・板橋高校