周囲から「入試大丈夫?」と心配されていたのに
合格する子どもには共通な点があります。
それは『最後まで諦めずにやり抜く子ども』です。
具体的に『最後まで諦めずにやり抜く』にはどうすればいいかを伝えていきます
(さらに…)

中3生は私立推薦入試や都立高校の推薦入試に向けて
作文の練習を行っています。
今日は作文のポイントについてお伝えしています。
(さらに…)

Q、個別指導の授業はどの様な授業ですか?
「講師が単元の説明をする」→「講師と生徒で例題を一緒に解く」→「生徒自身が問題を解く」→「講師が丸付けをして、間違えている問題のヒントを出す」→「生徒自身がもう一度問題を解く」→「講師が解説をする」という流れで、生徒が自立学習できるように授業を進めていきます。

Q、週何回授業がありますか?
回数は決まっていません。カウンセリングで生徒の目標やご要望をお聞きして、最適な通塾回数をご提案させて頂きます。週1回からの通塾も可能です。

Q、成績が悪く、落ち着いて勉強ができないのですが、入塾は大丈夫でしょうか?
ヒーローズは生徒一人ひとりの学習進度に合わせて、学習プランを作成しますので、問題ございません。勉強の方法がわからない生徒には、勉強の基本であるノートの取り方からお教えし、「自分で勉強する楽しみを発見する習慣」を身につけ、「自立学習」できる様に指導します。

Q、無料授業を受けたり、教室見学をすると入塾しないといけないですか?
入塾の必要はありません。教室にお越し頂き、体験授業を受けて頂いて、最終的に通う・通わないをご判断頂ければと思います。
ですので、まずは教室までお問合せ頂ければと思います。

Q、5教科受講したいのですが可能ですか?
ヒーローズは全教科に対応しております。

Q、授業料(料金)はいくらですか?
授業料(料金)は学年や通塾回数で異なります。また、地域によっても異なりますので 近くの教室にお問合わせください。尚、ヒーローズの個別指導は地域で一番リーズナブルな料金設定になっております。「個別指導は高いのでは?」というお考えの方も安心してご入会いただけます。

Q、授業料(料金)は、なぜ地域で一番リーズナブなんですか?
必要以上に設備や経費にお金をかけていないからです。
ただし、子どもの成績をあげるために必要な講師の費用や設備などはお金をかけています。

Q、いつから入会できますか?
いつでも入会可能です。ヒーローズは個別指導なので小・中・高の全ての学年で、いつからでも授業をスタートすることが可能ですまずは教室へお気軽にご相談ください。

Q、振替は出来ますか?
可能です。ただし、3日前までにご連絡頂く事が必要です。

Q、部活と習い事をしていますが、自由に時間が選べますか?
曜日・時間帯などが自由に選べるので、部活や習い事との両立が可能です。
一番遅い時間は、21:00から授業を行います。

Q、子どもが塾に入室した時間や、退出した時間がわかりますか?
生徒の入退室情報を保護者の携帯電話へメールでお知らせするサービスを「無料」で提供しています。

Q、どんな人が講師をやっていますか?
社会人・大学生講師がおります。面接を通じて講師を採用しています。また、採用後も研修や授業のロールプレイングを行った上でヒーローズの「講師」として生徒を担当することになります。

Q、通っている学校に合わせた学習やテストの対策はできますか。
各学校の進度、定期テストの時期・範囲とお子さまの現状の学力を踏まえながら授業やテスト対策を行います。 また、中高一貫校など独自のカリキュラムで進む学校においても、進度・テストの傾向・難易度の高いテキストに合わせて指導します。

Q、実習室はありますか?
自習スペースは約25席ご用意しております。授業がない日でも、学校の宿題を持ってきて勉強することが出来ます。地域で一番自習スペースを準備しております。

Q、オンラインの授業はありますか?
ご用意しております。通いのコースと同じ進め方で授業を行います。

【小学4年生の生徒インタビュー】
【Q】これまでに受講した「お仕事探究」のプログラムで一番おもしろかったのは?
【A】「都市開発士」は自分でまちづくりができて面白かった!(自分が好きな)電車(の要素)も混ざっているしね。あとは、「経営コンサルタント」の東京メトロの問題とか。

【Q】電車と紐付けて学べることのほかに、お仕事探究のいいところは?
【A】クイズ!点数を友達と競い合って、自分が勝てたら嬉しいし、負けたら悔しい。

【Q】クラスメートやメンターはどんな感じ?
【A】みんなおもしろい人だなって思う。ヒントとかコツをちゃんと教えてくれるところがいい。

【Q】お仕事探求はどんなところが、学校と違う?
【A】学校は答えが教科書に書いてあったりするけど、お仕事探究には教科書がないし、自分で頑張って考えたりするところが違うかな。
あと学校とは学ぶことが全然違う。都市開発士のお仕事については勉強しないもん。面積の計算は学校でやるけれど…。

【Q】今後お仕事探究で挑戦してみたいことはある?
【A】電車のダイヤグラムづくりに算数が関わっているから、やってみたい!

【小学4年生の保護者インタビュー】
担当者:お仕事探究はどんな印象ですか?

お父さま:授業のテーマが学校と違って、私たち大人にとっても非常におもしろいですね。

担当者:ありがとうございます。ご家庭では授業テーマに関連する本を図書館で取り揃えていらっしゃるとも伺いました。

お母さま:そうですね、(お仕事探究から渡されるおすすめブックリストを見ると)私は面白そう!と思うのだけれど、子どもはなかなか自分から手に取らないですよね。なので、まずは自分が読んで「これは子どもにはわからない面白い本だからね~!」と楽しんじゃうようにしています。すると子どもも、「お母さんが楽しんでいるから本当に面白いのかも?!」と興味を持つんじゃないかなと思っています。

担当者:なるほど、徹底されていますね!

お母さま:本人の興味や意欲の話を抜きにして人を「教育」するのは無理だと思っているので。親が楽しんで学んでいないのに、子どもにだけ何かを教え込もう勉強させようとするのは変な話だなと思います。理解できない、分からないと苦しい思いをしながら興味がないことを学んできて勉強嫌いになった方もいらっしゃると思うんですけれど、どこかでそれを断ち切らないといけないのでしょうね。

担当者:お仕事探求に通って、なにか変化は有りましたか?

お母さま:文章がしっかり読めるようになりましたね。昔は「読めない!わかんない!」って投げ出していたんですけれど。「自分の頭で考える」ということに慣れてきたのかなという印象ですね。

明確な「お仕事探究効果」というのが測れるわけではないんですけれど、ここに通う限り算数嫌いにはならないっていう確信があります。とにかく算数が嫌いにならないでほしいと思っています。

担当者:算数・数学という観点が大きいんですね。

お母さま:例えば英語は本人が楽しめる多読教材があるんですけれど、算数・数学は手頃なものがなくて。単にドリルを渡すだけでは取り組まないだろうと思っていたから、本人がやりたいと思える学びがあるお仕事探究に出会えてよかったです。今では算数の基礎はここで養えると思っています。ある意味、親の怠けかもしれないですね(笑)。

担当者:先ほど、学校の算数につまづき始めたと仰っていましたが、そんなあきやくんがお仕事探究を楽しめているのはどうしてでしょうか?

お母さま:学校の算数は、算数的・数学的道具をただ教えるだけだと思うんですけれど、お仕事探究はその道具を使ったら何ができるかまで教えてもらえる。そこが本人にとって大きなポイントだったんだと思います。道具の使い方が分かれば算数が無意味ではないと思えるし、学ぶのも楽しめるんじゃないかなと思います。おしごと算数は算数・数学的道具の使い方を学ぶのに最適な授業だと思います。

担当者:ありがとうございます。お仕事探究では工作や実験など実際に手を動かしながら学ぶので、そこも大きいんじゃないかなと思います。

【生徒インタビュー】
【Q】これまでに受講したプログラムで一番おもしろかったのは?
【A】「メカエンジニア」。段ボールで作ったりするのが楽しかった!作るのは好きで、普段からいろいろ作っているよ。あとは、ゲームとかパズルとかのワークがたくさんあるもの(おしごと算数番外編「パズル算数」のこと)。

【Q】学校とお仕事探究の違いは?
【A】学校だと1日5時間とか6時間くらい勉強するけど、お仕事探究は1時間で終わる!

【Q】夏休みの自由研究を頑張ったって聞いたよ。何をしたの?
【A】鯛についての研究。僕魚好きだから、鯛の目から見える世界についてスマホで調べた!大きな紙に4枚以上書かないといけなかったからめっちゃ大変だった!完成するのに1日くらいかかったな。

【保護者インタビュー】

担当者:お仕事探究に通ってみていかがですか?

お母さま:大人が答えを決めずに、子どもの意見をたくさん引き出してくださるところがいいですね。あとはちょっと行き詰まったときにもメンターの方が手厚くフォローして下さるところ。メンターからの月次報告を読んでいても、これから伸ばしていきたいと書いてくださることが、自分が息子に対して評価していることとほとんど一緒なので、すごく信頼しています。

担当者:ありがとうございます。お子様とお仕事探究の相性はどうでしょうか?

お母さま:息子は人が好きでおしゃべりなんですけれど、大人が息子の話を丁寧に聞いてくださって、それをだんだん形にしてくれるところが彼に合っているなと思います。その作業をどんどん繰り返していくうちに、息子に変化が生まれるんじゃないかと。例えば自由研究で鯛の目を研究するとなったときに、主人とは「小学2年生には難しすぎるんじゃないか」と話していたんですけれど、予想に反して息子は諦めずにひたすらやり続けていて。主人もびっくりしていました。

諦めずに挑戦するようになった!
担当者:そんなことがあったんですね。お仕事探究に通い始めて、どんなところが一番変わったと思いますか?

お母さま:研究やワークを諦めずにやるようになったところですかね。自由研究は主人がある程度リードしたのですけれど、それこそお仕事探究で普段やっている【仮説→検証】の流れが自由研究と似ているからか自然な感じで取り組めて、息子にとって当たり前のことになっているんだろうなと思いますね。いつもやっているなっていう感覚なんでしょうね。

担当者:なるほどなあ。自分ひとりでどんどん研究していくのはまだ難しいでしょうけれど、昔だとすぐに諦めていたような課題も諦めずにトライするようになったってことですね。

お母さま:そうですね、もちろん課題のレベルにもよりますが。今回の研究に関しては難しいし長いから途中で諦めて怒るんじゃないかと思ったら、一回も投げ出さずにやり続けたので、大きな成長だと思います。内容についても、理解したことを改めて整理して、要約して人に伝えるところまで挑戦できて。発表も長時間特訓していました。

担当者:研究テーマはご家族で選んだんですか?

お母さま:もともと魚が好きだということのほかに、5月に私の実家に帰省した時におじいちゃんの船に乗って魚釣りに行ったんですよ。私の父はルアーを買わずに手作りしているんですけれど、そのルアーが100均のキラキラしたテープで作ったルアーで、魚の形をしていないんですね。そこで主人が、魚の形もしていないのになんでこれで鯛が釣れるんだって言い出したのをきっかけに、これを自由研究のテーマにしようって。鯛って水深60mくらいのところで泳いでいるから、その深さにおける視界について研究していました。息子も「なんでだろう?」って自然に興味を持っていましたね。私はルアーを手作りする自由研究でいいんじゃないって思っていたんですけれど、最後には家族で一緒に研究したという感じでした。

担当者:お父さまは先輩研究者としての背中を見せたっていう感じなんですね。研究が終わってみて、どのように仰っていましたか?

お母さま:すごく時間がかかったし、たくさん書いたんですけれど、一回も音を上げなかったことにはとても驚いていました。私が「お仕事探究をやっているからじゃない」って言いまして。

もともと遠方から少し無理をして通っていることもあって主人は、小学1年生から通う必要があるのかなぁ、意味があるのかなぁっていう感じだったんですけれど、今回の息子の自由研究に向かう姿勢をみて「ああ、こういうふうに(効果が)出るんだな」と話していました。

あとこれは主人が話していたんですけれど、お仕事探究のプロジェクトって最終回に人前で発表するじゃないですか。だから人に伝えるために必要なことを吸収してくれるかもねと期待していました。他の塾みたいに知識を詰め込むことも大事だけれど、詰め込んだからといって人に伝えられるようになるとは限らないので、お仕事探究では友達やメンターと関わりながら、そこ(コミュニケーション力)を鍛えていってほしいなと思いますね。

担当者:ありがとうございます。諦めずに頑張る姿勢は、最近の授業でも感じることが増えてきていますね。

お母さま:学校以外の場所で、家庭ではなかなか提供しづらいテーマで友達と話し合えたり、意見を言えたりする場があるというのは貴重だなと思います。私は子どもに結果を求めてお仕事探究に通わせているのではなくて、ただ楽しんでほしい、子どもにとってきっかけになるようなことを学んでほしい、そして周りの子や大人から刺激を受けてほしいと思っています。

【小学4年生 福元 智貴くんのインタビュー】
マインクラフトでプログラミングが出来るんだっていうことを知って、体験会に参加しました。
実際にやってみて、遊びのマインクラフトとは全然違うし、すごく楽しいです。
プログラミングで作ることは難しいところもあるけど、あきらめずにやっていって苦労して完成したときはすごく達成感があって嬉しいです!
これからもプログラミングでいろいろなものを作っていきたいです。

【小学4年生 福元 智貴くんのお父さんのインタビュー】
毎回子どもがとても楽しみにしています。
もともと、マインクラフトばかりやっていたので、夢中になっているマインクラフトが学びになったらいいなと思ったのがきっかけです。
親世代が遅れているので、こういうのは早めにやらせてあげることは良いことだと思っています。
やらされてではなくて、楽しく好きでのめり込んでいってくれるのが一番良いと思います。
プログラミングもそうだし、デジタルツールを使いこなす力を身につけることは、今後もっともっと大事になるので、そのあたりも学んでもらえたらと思います。

【ヒーローズプログラミング 公式ラインのお友達登録はこちら↓↓】
お友達登録特典
1、子どもと人間関係を築く・壊す7つの習慣の資料をプレゼント!
2、抽選で当たると、入会金11.000円→無料
2、無料体験授業をプレゼント

URLでの登録はこちら↓↓↓
https://lin.ee/4FcbJxw

【渡辺剛之】
Dream comes true株式会社代表取締役
ヒーローズ北赤羽校 代表
フリースクール×子ども食堂「なんでもいいよ」代表

●開校の想い
私は、26歳の時「仕事の選び方・人生の選び方」という本に出会い、何のために誰のために生きているのかを本気で考えてきました。
その後、様々な経験を通じて「自分の子どもを通わせたいと思える塾を作る」と決意し、ヒーローズ北赤羽校を開校しました。
自分の子どもを通わせたい塾とは、勉強が出来るようになるのはもちろんの事、将来の夢や目標、親子関係、お仕事体験、プログラミングを学べる塾です。
700人以上の子どもの指導経験を通じて、子どもの幸せには次の3つのことが必要だと考えています。

1つ目に、勉強ができるようになる事
2つ目に、将来の夢や目標を明確に持てる事
3つ目に、良好な親子関係

生徒・保護者・塾でしっかりと連携を取り、子どもの幸せを一緒に実現していきましょう。

●経歴
2002年 大和ハウス工業株式会社に入社 住宅設計を担当
2006年 株式会社リクルートに入社
ホットペッパーの営業と広告制作を担当
 全国営業1位・全国広告コンテスト1位を受賞
2010年 大手個別指導塾に入社
2014年 Dream comes true株式会社を設立
ヒーローズ北赤羽校を開校
2019年 フリースクール×子ども食堂なんでもいいよを開校

●経験
子ども700人の指導経験
北区まちなかゼミナール 浮間地区リーダー
世界に13人しかいない予祝マスター講師
日本選択理論心理学会に在籍
「日本ゆめ教育協会」認定ファシリテーター
中小企業の社長NO1決定戦「2019Charming chairman」ベスト100に選ばれる

●メディア掲載
「ゆめのたねラジオGOOD!CLAP!SMILE!」に出演
「ニッポンの底力 社長チップスラジオ」に出演
「2019年8月Forbes JAPAN」に掲載

●プライベート
趣味は、フットサルとスキューバダイビング。
フットサルは今でも月に1回行っています。
スキューバダイビングは、今まで50本くらい潜っていて、1番印象に残っているのはパラオのブルーコーナーです。
お酒はあまり飲めない。ビールは1杯で十分です(笑)
甘いもの好き。アイスは特に好きです★
読書好き。ほぼ毎日、本を読んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

来年2021年度は中学生の教科書が大改訂されます。

内容的にはまずその量がこれまでと比べて多くなりそうです。

今でも教科書を1年間ですべて終わらせるのに苦労している中学校ですから
来年度からはその授業進度もかなり早くなりそうです。

変更点は、ざっくり言うとこんな感じです。
1、量が増える
2、上の学年や高校の単元が下の学年に早く取り入れられる
3、思考力・判断力・表現力が強化される

それぞれの科目の変更点は次のとおりです。

●国語
1年と2年に、都道府県名に用いる漢字20字が追加されます。
【都道府県名に用いる漢字の読みと書き】
茨、媛、岡、潟、岐、熊、香、佐、埼、崎、滋、鹿、縄、井、沖、栃、奈、梨、阪、阜
1年に、「共通語と方言の果たす役割について理解すること」が追加されます。

●社会
1.地理・歴史・公民ともに、以下の単元で、北方領土・竹島・尖閣諸島について、より詳しく学習することになります。
・地理…日本の位置・領域について学ぶ単元(例:日本の姿)。
・歴史…明治時代の外交・国境画定について学ぶ単元(例:開国と近代日本の歩み)。
・公民…国際社会のしくみについて学ぶ単元(例:地球社会と私たち)。
2.歴史で、「世界の古代文明(ギリシャ・ローマの政治制度)」、「ユーラシアの変化(モンゴル帝国による東西交流)」、「ヨーロッパ人来航の背景(ムスリム商人との関連)」、「市民革命(アメリカ独立・フランス革命)」について、教科書の内容よりも詳しく学習する場合があります。

●数学
1年の「数と式」に「素数の積」が追加されます。
1年の「資料の活用」に「累積度数」と「統計的確率」が追加されます。
1年の「資料の活用」の「誤差や近似値、a×10のn乗の形の表現」が省略されます。【3年で指導】
2年の「資料の活用」に「四分位範囲」と「箱ひげ図」が追加されます。

●理科
1年の「力の働き」に「2力のつり合い」、「植物の生活と種類」に「動物の仲間」、「火山と地震」に「自然の恵みと火山災害・地震災害」が追加されます。
1年の「圧力」が省略されます。【2年、3年で指導】
1年の「葉・茎・根のつくりと働き」が省略されます。【2年で指導】
2年の「静電気と電流」に「放射線の性質と利用」、「日本の気象」に「自然の恵みと気象災害」が追加されます。
2年の「生物の変遷と変化」が省略されます。【3年で指導】

●英語
5科目の中で一番大変なのが英語です。
シンプルに分かりやすいのが英単語。
現行ですと3年間で1200語習うことになっているのですが、これが1800語に増えます。1.5倍ですね。

そして文法ですが、高校内容のうち4単元が中学内容に割り振られることになっています。
 ●感嘆文 ●仮定法 ●現在完了進行形 ●原形不定詞
感嘆文はそんなに難しくないとして、残りの3つは結構ハードですからね!
で、ここで注意して欲しいんですけど、

2021年、高校の4単元が中学内容に割り振られる
   ↓
2021年、現中3内容の一部が中2で習うようになる
   ↓
2021年、現中2内容の一部が中1で習うようになる

と、ここで考えて欲しいんです。今の中1生はどうなるか。
今の中1生は、中1内容を勉強しています(当たり前ですね)。
次の4月になると、中2内容を勉強し始めます。これも今と変わりません。
そして、問題はその次の年。
中3になったときに、教科書が改訂されます。
すると、中3のときに配布される教科書は難しくなっているレベルの教科書。

【ヒーローズ北赤羽校 公式ラインアカウントのお友達登録はこちら↓↓】
お友達登録特典
1、入会金22.000円→無料
2、無料体験授業をプレゼント

URLでの登録はこちら↓↓↓
https://lin.ee/pw1P7tk

勉強は一人でコツコツ孤独にやるもの。いいえ、そんなわけないですよ。

遊びでも習い事でもそうですが、本人が楽しくないと上達しません。

勉強だって同じことです。
ノートに漢字をそれぞれ10回、全部で100回練習?
そんなのありえません。昭和時代的発想です。

英語には英語の学びの楽しさがあるし、算数や数学だって、国語だって、社会だって、理科だって同じこと。
それぞれに楽しさがあるんです。
そのへんを教えてあげると子どもって勉強していきます。

点数は気になると思いますが、点数自体に一喜一憂しないでください。
テストでいい点数がとれないと、そのことをお母さんが責めるから、お子さんは勉強が嫌いになるんです。

点数は後からついてくるという気持ちでどっしり構えてください。
きっとお子さんはそうしたお母さんの態度にあとで感謝すると思いますよ。
勉強の楽しさから入った子どもは一生勉強をやり続けると思います。

ところで、お母さん、あなたは小中学生の時、勉強が楽しかったですか?

【ヒーローズ北赤羽校 公式ラインアカウントのお友達登録はこちら↓↓】
お友達登録特典
1、入会金22.000円→無料
2、無料体験授業をプレゼント

URLでの登録はこちら↓↓↓
https://lin.ee/pw1P7tk

冬期講習が12月1日にスタートして、中3生がよく私に言います。
「この問題は中1でやったことがあるけど、もう忘れました。」

でも、高校入試には出題の可能性がある問題です。

人間は一度習ったことも月日がたつと忘れるのが普通です。

忘れたことをもう一度復習すると思い出します。

成績がいいお子さんはこのことをよく知っていて何度も復習をします。
その一番適した時期がこの冬休みです。

冬休みだからのんびりして勉強をやらないで過ごす子どもと
冬休みだからこれまでの復習をしっかりやっておこうと思った子どもでは
差がさらについていくのは当然です。

これまでの成績が思わしくないお子さんほど実はこの冬休みがチャンスなんですよ。
やればやっただけの見返りは必ずあります。

【ヒーローズ北赤羽校 公式ラインアカウントのお友達登録はこちら↓↓】
お友達登録特典
1、入会金22.000円→無料
2、無料体験授業をプレゼント

URLでの登録はこちら↓↓↓
https://lin.ee/pw1P7tk

2020年もあとわずかですね。

今年はコロナにはじまり、ずっとコロナに振り回されている1年で終わろうとしています。

4月と5月はコロナのせいでヒーローズ北赤羽校もお休みになりました。

確かにコロナには厳重な警戒が必要です。
しかし、学びをとめてはいけないと思います。
範囲は狭くなったけど、入試は去年と同じように行われます。

ところで、冬休みの計画は立てました?
冬休みは実はとっても大事な期間なんです。
だいたい勉強ができる子は毎年この冬休みをとても大事にしているのをしってました?

冬休みにこの4月からの勉強をもう一度振り替えって復習しておくことが

来年もいい成績がとれる秘訣だってことをよく知っているんです。

反対に冬休みくらい(お正月もあるし..)はのんびりしようとテレビやゲームやユーチューブで過ごしてしまう子は
来年もまた勉強が分からないと言い続けることになってしまいます。

今年こそ、この冬休みこそ、しっかり計画を立てて勉強をしてみませんか?
来年がこれまでとちがった1年になりますよ。

【ヒーローズ北赤羽校 公式ラインアカウントのお友達登録はこちら↓↓】
お友達登録特典
1、入会金22.000円→無料
2、無料体験授業をプレゼント

塾長からのメッセージ
イベント情報
算数・アイデアコースの授業風景
5つのお約束
入塾までの流れ

コース紹介

塾概要

個別指導学院ヒーローズ北赤羽校

個別指導学院
ヒーローズ北赤羽校

東京都北区浮間3-1-40-201

03-5916-7166

通学地域例

【小学校】浮間小・西浮間小・袋小・立教小・星美学園小
【中学校】浮間中・桐ヶ丘中・志村2中・志村3中・志村4中・志村5中・九段中・立教新座中・開智中学・小石川中
【高校】高島高校・立教新座高校・文京高校・芝浦工業高校・小石川高校・大東文化第一高校・北園高校・帝京高校・足立新田高校・駒場高校・板橋高校